月曜日や連休明けのだるさを軽減する方法


みなさん、こんにちは。

サラリーマンの人は、

今日からお盆休みという人が多いですね。

久しぶりの連休、みなさんはどう過ごしますか?

普段会えない人に会っておくのもいいかもしれませんね。

ところで、

いきなり連休が終わってからの話になりますが、

月曜日とか連休明けの仕事ってめちゃくちゃだるくないですか?

しかも午後ぐらいから頭痛がすることもあるかもしれません。

この現象にはちゃんとした理由があるのですが、

とりあえずこういっただるさを軽減できるいい方法があります。

とりあえず試してみてください。

休みの日とその翌日の朝それぞれ1回ずつ

ランニングなどの有酸素運動をやっておくと

休み明けのだるさをかなり軽減できます。

あと休み明けの1日の仕事内容を

頭の中でシュミレーションしておくといいです。

最初の1日の仕事をスムーズに開始できて一石二鳥です。

なぜ月曜日など休み明けがだるいかというと

体がうまくお仕事モードに切り替わってないからです。

お休みモードとお仕事モード、

身体的にはどのように表現されているかわかりますか?

それは心拍数や体の中を血液が流れる速さの違いとなって表れています。

仕事の日は血流が早めで休みの日はゆっくりめ。

このような緩急差があります。

休み明けの最初の1日は体の血流が

うまく仕事モードとしてのリズムに切り替わっていないことが多いので

どうしてもだるく感じやすいです。

あと急激に体のリズムが切り替わろうとするため

人によっては一時的に頭痛を生じることがあります。

可能であればその頭痛が生じた時に思いっきり走ってみてください。

そうするとその頭痛がウソのように解消できると思います。

なのでランニングなどの方法で

意図的に血流の緩急差を小さくしておけば

休み明けの調子の悪さも小さくなるわけです。

血流ってすごく大事ですね。

たっぷり体を休めた時に限って翌日の仕事がだるかったりするのは

そういったところが原因だったわけです。

以上、休み明けのけだるさを回避する方法をお伝えしました。

活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク