手数料無料のSBI証券に確定拠出年金を移行!資料が届いた後の手続き


確定拠出年金iDeCo SBI証券資料

SBI証券に申し込んでいた資料が届いたので、前回の確定拠出年金の話の続きを書きます。

まだ読んでない人はこちらもどうぞ↓

早速封筒を開封してみた。

SBI証券 iDeCo資料

申し込み用紙や返信用封筒、解説書類が入っています。

まずこれを読んでみました。

SBI iDeCo ご案内

この案内書は確定拠出年金の仕組みや申し込み後の流れなどが書いてあるだけなのですぐに読む必要はなさそうです。

SBI iDeCo ご案内

パンプレットみたいな感じです。

なので他の書類を先に確認。

手数料の事

今回は運営管理機関を日本生命からSBI証券に変更という形になるので毎月の手数料は「運用指図者」の項目を見ます。

SBI証券iDeCo手数料

初期手数料・毎月の手数料ともにSBI証券は無料です。

日本生命との大きな違いです。

ただ、事務委託先金融機関(資産管理サービス信託銀行)の手数料64円は支払う必要があります。完全に手数料0円というわけにはいかないようです。

64円 X 12ヶ月 = 年間768円

それでも年間の手数料が今までの7分の1です。

日本生命の時は年間5,436円かかっていました。

これは大きな節約になります。

今回提出する書類

sbi ideco 提出書類

返信用封筒を使って提出する書類は以下のものになります。

  • 加入者等運営管理機関変更届
  • 確認書
  • 本人確認書類

僕の場合は新たに掛金を拠出しないので提出書類はこの3つだけです。

(掛け金を新たに拠出する場合は個人型年金加入申出書も必要です。)

加入者等運営管理機関変更届

これはメインとなる申込書です。

書きかたの見本を参考にして書きます。

sbi ideco 運営管理機関変更申込書

基礎年金番号の記入が必要

普段馴染みの薄い基礎年金番号を記入する必要があります。

記載された書類がなかなか見つからないかもしれません。

調べ方は以下の記事を参考にしてみてください。

すぐにわかりますか?自分の基礎年金番号を調べる方法
年金手帳を紛失した時や、確定拠出年金に関する手続きをする時など基礎年金番号が必要になる場合があります。僕も最近、個人...

変更前の運営管理機関を記入する欄

記入が任意になっているので書かなくても大丈夫だと思いますが、僕は一応記入しました。

毎年郵送されているレポートに記載があるのでそれを見て記入します。

ただ、記録関連運営管理機関についてはちゃんと記載されていないかもしれません

日本生命の場合は日本レコード・キーピング・ネットワーク(株)が記録関連運営管理機関なのですが、登録番号が記載されていません。

日本レコード・キーピング・ネットワーク

なのでググってみたところ親切に書いてくれているブログを見つけました。

琉球銀行から資料が届き、さっそく加入者等運営管理機関変更届を提出しました。移換元への連絡等は一切不要で、簡単に移換できるんだなと感じました。ただ一つ、変更届の記録関連運営管理機関(移換元)の登録番号がわからなくて、ちょっと困りました。調べま..

助かりました。ありがとうございます!

確認書

住所・氏名・日中に連絡が取れる電話番号などを記入。

これは簡単ですね。

先ほどの申込書もそうですが印鑑を忘れずに押しましょう。

SBI証券 iDeCo 確認書

本人確認書類

運転免許証でOKです。

SBI ideco 身分証明書

コピーして添付します。

特にカラーとかの指定が無いので普通に白黒でコピーしたらいいと思います。

僕はそうしました。

ポストに投函

3種類の書類が準備できたらあとは返信用封筒に入れてポストに投函するだけです。

記入漏れが無いか念の為確認しましょう。

sbi証券 確定拠出年金 返信用封筒

書類がSBI証券に届いてから手続きが完了するまでに

1ヶ月半〜3ヶ月ぐらいかかるようです。

気長に待ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は個人型の確定拠出年金の運営管理機関をSBI証券に変更する手続きについて詳細や気づいたことなどを書いてみました。

該当する人は参考にしてみてください。

ではまた!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク