間違った外注の”使い方”

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

インターネットビジネス 活動を細分化した図

これは、あなたがインターネットを使った

ビジネスを立ち上げる場合に必要となる

すべての活動を細分化した図です。

一口にインターネットビジネスと言っても

ご覧の通りとんでもない作業量が発生します。

とてもではありませんが、

一人でこれらのすべてをやるなんて

とてもじゃないけど無理ですよね?

遅かれ早かれ、仕事を自分以外の人や会社に

外注(アウトソーシング)していく必要があります。

しかし、ビジネス戦略構築のエキスパート、

リッチ・シェフレンによると

多くの人がアウトソーシングについて

大きな間違いをしていると言います。

「インターネットビジネス・マニフェスト完全版」より引用

==========================================

インターネットで成功するには、

あなたは効果的なアウトソーシングの

方法を知らなければなりません。

残念なことに、大半の人のアウトソーシングに

対する考えは間違っています。

それは彼らがアウトソーシングをするときに考える、

一つの質問から発生しています。

その質問とは

「どうすれば、もっとも安く

やってくれるだろうか?」

というものです。

この質問に対する答えは、

たくさんの落胆、フラストレーション、

そして機会損失と頭痛を引き起こします。

それはビジネスを成功させるものが

何かを理解していないからです。

もっとも安い選択肢は、もっとも信頼できて、

素早くて、知識があるような、

ベストな選択肢ではあり得ません。

昔から言われるように、

「安かろう、悪かろう」なのです。

あなたは既に、自分の時間の価値を理解しているでしょう。

安い選択肢は、あなたが思うよりも、

高いコストが付くのです。

==========================================

インターネットビジネス「マニフェスト」

の詳細はこちらから

(テストマーケティングにつき送料のみで無料配布中)

実は、仕事を外部に依頼する場合

「アウトソーシング」と「アウトタスキング」の

2つがあります。

そして、アウトソーシング先を探す時に

「どうすればもっと安くやってもらえるか?」

という質問をあなたがする時、

それは「アウトタスキング」の手法を

取っているのだとリッチ・シェフレンは言います。

そして、アウトタスキングでは、依頼する度に作業の質が

下がり続けるというリスクが発生するだけでなく、

結果的にコストが非常に高くついてしまうのだ、と。

では、アウトソーシングとアウトタスキングの違いは何か?

最高のアウトソーシング先を探す時にするべき正しい質問とは?

さらに、アウトソーシングで収益性を10倍にする方法とは?

続きは、こちらのベージからリッチ・シェフレンの

インターネットビジネス「マニフェスト」

を請求して確かめてみてください。
インターネットビジネス マニフェスト

PS.

この商品はテストマーケティングのため

いつまで無料(送料550円のみ)が続くかはわかりません。

通常は3,000円ほどかかります。

今のうちに手に入れてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク