会話がうまく続かない悩みはこの方法で解決

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

人との会話が続かない…

雑談ができない…

会話のきっかけを作るのが難しい…

何を話したらいいのかわからない…

など

そんな悩みを持つ人はけっこう多いと思います。

人とうまく会話ができるかどうかは、

時としてその後の人生を大きく左右する場合があります。

仕事でも恋愛でもそれ以外でも

人がいる限り会話スキルはあったほうが有利です。

なので対策をしましょう!

いくつか有効な方法を書いておきましたので参考にしてみてください。

この方法で会話のネタをまんべんなく増やす

まずは以下の暗号を覚えてください。

キドニタチカケセシ衣食住

この暗号の意味は…

キ・・・気候、天気: 老若男女を問わず使えます。

ド・・・道楽(趣味): 共通の趣味があれば会話が弾みます。

二・・・ニュース: 相手がビジネスマンだったら株価や円相場の話もいいかと

タ・・・旅(旅行): 生きたい場所とか行ってきた話とか盛り上がると思います。

チ・・・知人(友人): 共通の知人・友人の近況など

カ・・・家族: 質問は相手のプライバシーに配慮して

ケ・・・健康(スポーツ): 野球好きな人はかなりいます

セ・・・性: 男同士ならこの話題もアリかと思います

シ・・・仕事: いっぱいネタがあるはずです

衣・・・衣服: 最近のファッションの話など若い人はこの話題食いつきいいだろう

食・・・食事、グルメ: 最近できた店や行ってきた店が美味しかった話など

住・・・住居: 「どのへんに住んでますか?」会話のつなぎにちょうどいい

それぞれのカテゴリの頭文字をつなげてあります。

これを活用して会話のネタをまんべんなく増やすと良いでしょう。

このようにリストを書いて思考を「見える化」すると

自分がどのカテゴリのネタを多く持っているとか

不足しているとか、そういったことが把握しやすくて便利です。

普段からこれを意識して準備しておくと

いざという時にすごく役に立ちます。

例えば気になっている異性と話す機会が急に巡ってきた時など…

備えあれば憂いなしです。

普段からの心がけが大事だと思います。

アイコンタクトのコツ

全然アイコンタクトしないのはよくないです。

これは誰でもわかりますね。

でも、直接、凝視しないほうがいいです。

じっと目を見続けると相手は心理的に落ち着かない状態になります。

なので、

自分が聞き手になる場合は相手の目を30%見ようにし、

話し手になる時は10%ぐらい見るようにします。

これぐらいがベストです。

直接目を見るのではなく鼻とか口とかを見る。

チラ見みたいな感じでいいです。

相槌をタイミングよく

合いの手、相槌は一番大事です。

これができないとどんなにネタを準備しても無駄になります。

会話ってちょうどいいテンポがあります。

間が大事なんです。

相槌をしっかり入れるとテンポよく会話が流れていきます。

潤滑剤みたいなものです。

会話がうまくできない人はこの相槌をまったく入れなかったり

タイミングが外れていたりしていることが多いです。

うまくできるようになると

会話がスムーズに流れるようになります。

いっぱい練習しましょう。

ちょっと大袈裟なくらいにやるのがちょうどいいと思います。

電話では相手が見えないので特にそうです。

相手の発言に対し30%ぐらいは返す

聞き手のときは、ただひたすら聞くだけではなく

相手の発言に対して3割ぐらい自分の意見などを返したほうがいいです。

相手がして欲しい質問

最後にもうひとつアドバイスしておきます。

相手がしてくる質問は自分自身がして欲しい質問

である可能性があります。

全部がそうというわけではないですが、

けっこうよくあります。

最後に

会話のコツを簡単にまとめてみました。

会話は練習すると確実にうまくなります。

そして人生においては話さないより話したほうが

ずっといいチャンスが巡ってきます。

とくに若い時期の時間は貴重です。

これをきっかけにあなたがどんどん良い出会いを

見つけていければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク