初代iPad(iOS5.1.1)を完全脱獄!いちばん簡単なやり方を解説


初代iPadの活用の幅を広げるために、

今回は「脱獄」と呼ばれる操作を行ってみました。

(Jailbreakとも言います。)

今までこの操作を行わなかったのは、

なんか難しそうだという先入観があったことと

特にそこまでする必要を感じてなかったからです。

でも最近、

処理速度を上げてみたい…

もっと操作性を良くしたい…

など

いろいろやりたい事が出てきたので

この操作を行う事にしたわけです。

最初、ちょっとつまづきましたが、

結果として簡単にできました。

ネットで調べると色々難しいことが書いてありますが、

やってみると意外と簡単です。

簡単にやるためのポイントは、

難しいことをやらなくてもいい方法を選ぶことです。

初代iPadをもっと活用したいという人は参考にしてみてください。

いちばん簡単な方法はどれか?

IOSの脱獄を行えるツールはいろいろあります。

このツール選びで難易度が若干変わってきます。

最初に「Redsn0w」で試してみた

僕はとりあえずネットを調べて最初に出てきた情報に従い

「Redsn0w」というツールを使ってやってみました。

こちらのサイト様の情報を参考にしました。

iOS 5.1.1対応 完全脱獄ツールは既にAbsinthe v2やCinjectがリリースされていますが、以前から予告されていたRedsn0wがついにiOS 5.1.1完全脱獄に対応しました。『Redsn0w 0.9.12b』となり、iO

ですがなぜかうまくいきません。

redsn0w iOSをDFUモードに入れる

手順の中にIPhoneやiPadをDFUモードに入れるところがあるのですが、どういうわけか認識されません。

失敗するとまたやり直さなければいけませんが、

DFUモードに入れる操作自体がわかりにくいしとても手間がかかります。

面倒なのでDFUモードを使って行う方法は諦めました。

そもそもDFUモードを使って行う方法のメリットは処理過程にバックアップを取る動作が無いので短時間で済むというものですが、これでは本末転倒です。やり直しばっかりしてかえって時間がかかってしまいます。

気を取り直してDFUモードを使わないやり方でやる事に

ですが、なぜかDFUモードを使うか使わないかを選ぶウィンドウが出てきません。

どういうわけか出ません。

なので「Redsn0w」は使わず違うツールで脱獄を行う事にしました。

「absinthe」を使ってみたら簡単にできた

次に試してみたのがNAVERに書いてある情報です。

さらに先を行くiOS5.1.1完全脱獄。最高に簡単に脱獄しよう。

こちらの情報を参考にして行ったところできました。

1クリックするだけ。

これを使って行うのが一番簡単だと実感しました。

注意点:

ツールをダウンロードする時ですが、NAVERで紹介されていたWindows用のツールはリンク切れになっていたので検索して他のところから入手しました。

初代iPadを脱獄する手順

1、iOSを5.1.1にアップデートする

「absinthe」はiOS5.1.1に対して作業を行いますので

もし5.1.1になってない場合はアップデートする必要があります。

2、iTunesでバックアップを取る

あとで復元する時に必要になるのでバックアップを取ります。

初代iPadのバックアップを取る

注意点:

・「iOSのバックアップの暗号化」を有効にしている場合は、無効にしておく。

・ パスコードを使用している方は、機能をオフにしておく。

3、すべてのコンテンツと設定を消去(必須ではない)

バックアップが終わったら、

iPadの設定から、一般-リセット-すべてのコンテンツと設定を消去を実行します。

初代iPad すべてのコンテンツと設定を消去

こうする事で作業の時間を短縮できます。

もしコンテンツを消去する事に抵抗がある場合は、

この操作を行わなくても大丈夫です。

時間はかかりますが最終的に脱獄はできます。

4、Absinthe 2.0 を入手

以下のリンクからダウンロードできます。

The much anticipated Absinthe 2.0 jailbreak has been released by the JailbreakDreamTeam. The utility allows for an untethered jailbreak of iOS 5.1.1 on virtuall...

Windows用、Mac用、Linux用がありますので、自分の環境に合ったものを選んでダウンロードしてください。

5、Absinthe 2.0を展開し実行

ダウンロードしたファイルを展開します。

absintehe ファイルを展開

展開されたフォルダの中にある実行ファイルをダブルクリックして起動

absintehe 起動

6、iPad端末とPCがUSBケーブルで繋がっていることを確認

PCとiPadをつなぐ

7、JailBreakボタンを押してしばらく待つ

absintehe jailbreakボタンを押して実行

クリックすると処理が開始されます。

absintehe204-jailbreak 処理開始

あとは待つだけです。

青いバーが右端まで行くと処理が終了します。

自動的にiPad端末が再起動されます。

Cydiaのアイコンが追加されていれば成功です!

Cydiaアイコン追加

Absinthe 2.0を使う作業はここまでで終了です。

8、手順3でiPad端末のコンテンツを消去した人はバックアップを復元する

PCのiTunesの画面に戻って復元作業を行います。

初代iPadを復元

以上で作業は終了です。

お疲れ様でした!

あとは自由度の高まった初代iPadをお楽しみください。

この操作を行うことの是非について

「脱獄」という名前が良くないですね。

違法ではありませんのでご安心ください。

自分の買ったものを個人的に使用する分には問題ありません。

ただAppleの規約には違反するので保証は受けられなくなります。

でもそもそも古すぎる端末なので保証とかは関係ないですね。

脱獄のメリットと初代iPadで行うことの魅力

初代iPadの魅力は何と言っても

「壊れても惜しくない」という安心感です。

古すぎることのメリットです。

なので他の端末では怖くてできないような改造を思う存分楽しむことができます。

このメリットを生かさないのはもったいないですね。

あと、脱獄することで

ホーム画面の外観を変えたり、

Androidをインストールしたり、

処理速度を高速化したりと

普通のやり方ではできないようなことが可能になるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初代iPadの脱獄は意外と簡単でした。

やりたいけど難しそうだと思っている人は

この記事を参考やってみるといいと思います。

iPadを脱獄した後は、

新たに追加された「Cydia」というアプリを経由して

「脱獄アプリ」を入手しいろんなことができるようになります。

今後はそれらを使ってどこまでできるか

ということを検証していきたいと思います。

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています。

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. 井野寛紀 より:

    私も初代iPad を車に乗せて地図代わりに使っています。 昔iPhone でやったJail Break 出来る事を知りました。 Jail Break を元に戻す方法もご教授いただければ、有難いのですが。 今後とも宜しくお願い申し上げます。