衝撃!動作が遅いFire7タブレットをサクサクにする方法が判明

Fire7 Amazon

みなさんはAmazonのタブレットであるFire7やFire8、Fire10をお持ちでしょうか?

中でもFire7はプライム会員ならわずか5,980で買える激安タブレットです。

持っている人多いと思います。

僕も持っていますが、このタブレットには1つ使いづらい問題点があります。

それは動作が非常に重くアプリの起動や切り替えに時間がかかってしまう事です。読書用またはプライムビデオ用にしか使っていない人多いと思います。(起動さえしてしまえば後は普通に使える。)

安かろう、悪かろう。

きっと皆さんはそう感じている事でしょう。

しかし必ずしもそうとは限りません。

実は最近、この劇遅タブレットの動作を速くする方法が明らかになってきています。

僕も先日やってみたら本当に速くなりメインで使っているスマホと同じくらい快適に動作するようになりました。激安のタブレットが神機と化します。

今日はその方法をお伝えします。

Fire7をお持ちの方(8の人も)はきっと幸せになれると思います。

実行に当たってはルート化などは不要です。

(なので文鎮化するリスクは無い。安心して取り組んでもらえるかと)

この方法で高速化できるメカニズム

Fire7や8の動作が重い原因はメモリ不足です。

なのでそれを解消してやれば解決します。

ですが物理的にメモリを増やす事はできません。

なのでそれをソフトウェア的に行う事でメモリ不足を解決できます。

それを可能にするのが仮想メモリというものです。

仮想メモリはスワップとも言うので覚えておくといいでしょう。

事前に用意するもの

この方法を行うためにはmicroSDが必要です。

どんなのでもいいという訳ではありません。

処理速度が速く大容量のものを用意してください。

特にスピードクラスは重要です。

 参考  Fireタブレットの容量不足を解決!microSD選びのポイント

いずれにしてもFire7の容量は8GBしかありません。

なのでアプリなどを追加していくとあっと言う間に容量が足りなくなります。

なので高速化の方法を使わないにしてもmicroSDで容量アップしておく事をおすすめします。

おすすめのmicroSDはこれ

僕がおすすめしたいのはサムスンです。

高品質で価格も安いから↓

処理速度が速いという事でニンテンドースイッチ用にもよく使われています。

高速化方法: Swapper&Tools入れて仮想メモリをONにする→速くなる

方法はとても簡単で「Swapper&Tools」というアプリを入れる→起動する→仮想メモリをONにする。それだけでサクサクになります。

ともかくアプリをインストールしましょう。

GooglePlayを使える状態にする

Fireタブレット標準のAmazon製アプリストアからはSwapper&Toolsを入手する事ができません。そしてFireタブレットはデフォルトではGooglePlayを使う事ができません。でもカスタマイズすればできるようになります。なのでGooglePlayを使える状態にしておきましょう。GooglePlayを経由しない方法もありますがあると便利なので設定しておく事をおすすめします。

以前書いた記事があるので参考にどうぞ↓

FireタブレットでPlayストアを使う方法(root化は不要です)
前回の記事で紹介した「マンガZERO」という人気の漫画が無料で読めるアプリ。 非常に便利で素晴らしいのでこの前購入したFire7にも入れてみました。 (Fire7はAmazonのタブレット端末です。) ...

説明不足かもしれないのでこちらのサイト様の記事もどうぞ↓

FireタブレットにGoogle Playをインストールする方法【2019年版】
AmazonのFireタブレットにGoogle Playを入れると豊富なAndroidアプリが使えるようになります。 パソコンやroot化は不要。最新APKバージョンに対応済。 動作確認機種:Fire 7(2017, 2019) / Fire HD 8(2017, 2018) / Fire HD 10(2017)

Swapper&Toolsをインストールする

GooglePlayから「Swapper&Tools」を検索してインストールしましょう。

他のサイトには無料と書かれていますが今は130円になっているようです。

お金を払いたくないという人は下の「GooglePlayを経由せずにSwapper&Toolsをインストールする方法」でインストールするといいでしょう。僕はそうとは知らず先にそちらのほうでインストールしたので結果的にそうなりました。

 

GooglePlayを経由せずにSwapper&Toolsをインストールする方法

GooglePlayじゃないところからダウンロードするリンクです。

お金を払いたくない人は

こちらからダウンロードすれば費用が無料になりますが、

自己責任で行ってください。

Download Swapper & Tools for android 4.1.2
Download free Swapper 3.0.15 for your Android phone or tablet, file size: 3.43 MB, was updated 2017/25/06 Requirements:android: 4.0 Ice Cream Sandwich or above

Swapper&Toolsを設定しよう

インストールしたらとりあえず起動しましょう。

アイコンはこれです↓

Swapper&Tools

設定方法と言ってもそんなに大袈裟なものではありません。

本当に簡単です。

Swapper&Tools設定

「Active Swap on Boot」にチェックを入れましょう。

これで仮想メモリがONになります。

その際忘れずにスワップファイルが作られる場所を設定しましょう。

それが事前に用意したmicroSDという訳です。microSDのスピードクラスが高速でなければいけない理由はまさにここにあります。

「CHOOSE SWAP DIRECTORY」を設定する時にsdcard0とsdcard1がありどっちか迷うと思いますが、この場合の正解は「sdcard1」ですので間違わないように。

Swap File Size(in MB)の項目はデフォルトでは200ですが大きめに設定した方がいいです。僕は4096にしました。約4ギガ分です。

ここは皆さんの端末で実際に試してみてちょうどいい数値に調整すると良いかと思います。

最後のSwappinessというのはスワップする頻度らしいです。

デフォルトでは60になっています。

あんまりよくわからんけどとりあえずちょっとだけ上げときました。

ここも使いながら調整ですね。

設定はこれだけです。

簡単ですね。

見違えるほど動作が軽くなり快適になった

このアプリを入れることであの遅いFire7が軽快に動作するようになりました。

今まではアプリの起動や切り替え時にちょっとしたフリーズ状態になりとても使いづらかったですが、仮想メモリって本当にすごいですね。

今では本当にサクサクになりとても使いやすいです。

他者の高い値段のタブレットを買うのがアホらしくなるレベルの機能向上です。

本当にこのアプリは凄いと思います。

皆さんもやってみればわかります。

参考にしたサイト

以下のサイト様の情報が役にたちました。

ありがとうございました。

 

Amazonアプリ・ツールタブレット
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
更新情報を受け取る
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
こちらの記事もおすすめです
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

タイトルとURLをコピーしました