レーシックを考える前に試してみて!「視力回復目薬」

視力回復目薬 健康法

みなさんこんにちは、

今日は視力のことについて書きます。

 

昔と比べて視力悪い人、ホントに多くなりました。

僕が子供の頃は近視の人ってそんなに多くなかったです。

パソコンやスマホの普及してきたことで、

多くの人が以前よりも目を酷使するようになりました。

暇さえあればスマホいじってますから…

悪くなるのもあたりまえです。

 

レーシックの手術に興味がある人も多いのではないでしょうか?

 

僕も10年ほど前にレーシックの手術を受けました。

自分の周囲でその事を知った人がやたらとその事について聞いてきます。

やはりそれだけ視力を回復したい人が多いのでしょう。

 

レーシックの手術を受けた時の事はまた今度書きますね。

 

 

ところでみなさん、視力を回復できる目薬が存在することをご存知でしょうか?

 

2年ぐらい前に「ためしてガッテン」というTV番組で放送されました。

番組の後、全国の眼科医にその目薬をくれという要求が殺到しました。

TVの影響力ってすごいですね。

 

この目薬の効果は個人差があって全員が視力を回復できるわけではありませんが、

ためしてみる価値はあります。

 

手術と違いリスクも無いし費用もかかりません。

レーシックの場合だと一度やったらもう元には戻せませんし、

万が一失敗したら一生が台無しになってしまいます。

僕もレーシックをやる前はすごく悩みました。

 

なのでまずはこの視力回復目薬を試してみましょう。

 

 

視力低下の原因

さて、なぜ視力が低下するのか?

その原因のひとつが涙の層が凸凹になることです。

涙の層がでこぼこになっているとその分視界も乱れた状態になります。

 

この異常のことを私たちは「ドライアイ」と呼んでいます。

おそらく一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

ドライアイっていうと目が乾くだけと思われがちですが、

知らず知らずの間に視力を低下させていたというわけです。

 

ちなみにドライアイはコンタクトレンズ利用者に多いです。

 

目薬を使った視力回復法

2012年に放送された「ためしてガッテン」では、2種類の視力回復目薬が紹介されていました。

・ジクアホソル (ジクアス点眼液)

・レパミピド (ムコスタ点眼薬)

 

ドライアイの治療に使う目薬です。

ムチンの分泌を促してドライアイを改善します。

ムチンとは粘膜を保護する成分で、白目から分泌されます。

涙成分に粘りを持たせて、目の表面全体に涙が行き渡るようにする働きがあります。

これが不足するとドライアイになります。

 

 

この目薬を1日5回点眼します。それを1ヶ月継続。

0.4の視力が1.0に回復したという実例もあります。

mig

出典: http://rr.img.naver.jp

このジクアス点眼液は15年ぶりの新薬です。

視力回復ができる目薬として知られています。

「P2Y2受容体」という神経細胞に作用し「ムチン」の分泌を促し視力を回復させます。

 

 

こちらはムコスタ点眼液です。

ムコスタといえば胃の薬で有名ですね。

傷ついた粘膜の炎症を抑え、目の炎症や角膜の修復に効果があります。

622104901_19269

出典: http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=19269

ムコスタ点眼液の紹介動画です。気になる副作用なども解説しています。

 

ムチン入り視力回復目薬(ドライアイ目薬)を1ヶ月使用することで、視力回復します。ドライアイから70~80%の方が、ムチン目薬(視力回復目薬)をさすことで目が良くなるのです。ムチン目薬で、2200万人に視力回復チャンスがあるのです

出典: 視力回復目薬>ムチン目薬・視力回復目薬 – 視力回復の方法!トレーニングで視力アップ!!

 

 

これらの目薬はどこで手に入るか?

ドライアイを改善し視力を回復させる目薬は眼科で処方してもらえます。

医療費は3割負担だから目薬1本あたりの費用は200円ぐらいになります。

たったの200円です。

 

ドライアイが原因で視力が低下している人はこの方法で回復する可能性が高いので

まずは眼科医に行って目薬を処方してもらいましょう。

 

あと、いちおう言っておきますが、

ドライアイの目薬でも市販のものはやめておいたほうが無難です。

市販の目薬は防腐剤が入っているので…

必ず病院で処方してもらってください。

 

 

まとめ

・視力低下の原因はドライアイ。

・ドライアイの人はけっこう多い。特にコンタクトを使う人。

・ドライアイの人はムチン入り視力回復目薬で視力が回復する可能性が高い。

・1日5回点眼。1ヶ月継続。

・これらの目薬は眼科医に処方してもらう。

・市販の目薬は使わないほうがいい。

 

 

この方法が実際に効果があるかどうか自分の眼で検証したいところですが、

自分はすでに10年前にレーシックの受けてそれ以来ずっと1.0〜1.2の視力を維持しています。自分で確かめることができないのが残念ですが、おそらくこの方法で視力が回復できることは間違いないと確信しています。

 

視力で悩んでいる人はまずこの目薬による視力回復法を実行してみてください。

 

悪かった視力がよくなると人生がかなり変わります。

僕も視力が回復してだいぶ変わりました。

 

目が良くなることのメリットの中でもいちばん大きなものは、

考え方が前向きになることです。

目が良くなるだけでと思うかもしれませんが

実際にそうなります。

 

 

次回は僕がレーシックの手術を受けた時のこととその後のことを書きたいと思います。

健康法知ってると得する節約
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつシゲをフォローする
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
こちらの記事もおすすめです
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント