Audibleで『聴く読書』始めてみた!通勤時間も有効に使える


bluetooth接続で音楽を楽しむ女子 [モデル:河村友歌](素材サイト:ぱくたそ)

Amazonから申し込めるサービスのひとつに『Audible』がありますね。

皆さんはもうお試ししましたか?

僕は最近お試ししてみました。

最初はたまたま必要なものがそこにあったから使ってみただけだったんですが、実際に使ってみるとかなり便利であることがわかりました。

今日はAudibleの魅力ついて書きます。

Audibleとは何か?

一言で言うと「聴く読書」です。

市販されている書籍を朗読したものを「音声」として聴くことができます。

毎月1,500円の定額料のみで、

このサービス内で提供されている全てのコンテンツを「聴く」ことができます。

あつシゲ

提供されているコンテンツは意外と多いですね。

一通りのジャンルは全て揃っています。

なので活用範囲は広いです。

内容は本屋などに置いてある本と全く同じです。

文字か音声かの違いだけです。

音声なので運転中も聴けます。スマホに専用のアプリがあり、通勤時にこれを使って学習することも可能なので時間が有効に使えますね。

難しい内容の本でも音声で聴けば頭に入る

例えば世界情勢を勉強したいといった場合、

本だと難しく感じますよね?

でも、テレビのニュースみたいに聞き流しているといつの間にか頭に入っているものです。

Audibleはそんな用途にピッタリだと思います。

池上彰さんシリーズが分かりやすくてイイ!

このあたりの本とか↓

池上彰さんの「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズは世界で起きている事を詳しく知るのにおすすめですが、Audibleにも同じ内容の朗読バージョンがありますよ。

このとおり全く同じ内容のものをスマホで聴く事ができますよ↓

池上彰「知らないと恥をかく世界の大問題」

池上彰さんのシリーズではこちらもおすすめ↓

この本もAudible版で楽しむ事が可能です。

「世界の宗教が面白いほどわかる本」池上彰

再生速度は自由自在

Audible 再生速度の変更

勉強したいけど忙しくて自由な時間があんまり無いという場合、効率良くやらなければいけません。そんな時にAudibleの再生速度を自由に変更できる機能は便利ですね。

通勤・通学の時間や会社の休み時間などわずかな時間も有意義に使えます。

逆に暇な人にもAudibleは良い暇つぶしになるのでおすすめです。

コンテンツが豊富ですのでけっこう楽しめますよ(^ ^)

幅広いジャンル

Audibleにはほぼひと通り全部のジャンルの作品が揃っています。

あなたが聴いてみたいと思う作品もきっとあります。

これらの作品が定額料のみで聴き放題なのはありがたいですね。

落語も聴ける

落語などもある。

書籍の朗読版以外でなくいろんなコンテンツが用意されているんですね。

Audible 落語

瞑想などのコンテンツも豊富

「瞑想」と検索するだけでもかなりのコンテンツがヒットします。

Audible 瞑想

最近、瞑想は注目を集めています。特にマインドフルネス瞑想は世界的企業グーグルやインテルの社内研修にも取り入れられてます。Audibleにもマインドフルネス瞑想のコンテンツあります。

スピリチュアル系のコンテンツも

Audible スピリチュアル

自己催眠もできる!

このシリーズはおすすめです↓

リラクゼーション快眠

最強の催眠術師と言われる吉田かずお氏の著作のAudible版です。

ガイダンス通りに目を閉じて呼吸などをしているだけで簡単に自己催眠状態に入れます。催眠って意外と効果がデカいんです。やってみるとよく分かります。

他の方法ではなかなか到達できない深いリラクゼーション状態でも催眠ならあっさりと入れたりします。「リラクゼーション快眠」だけでなく他に禁煙用とかプレゼンテーション用とかダイエット用など役に立つものがいろいろ揃っていて便利です。

残念なところ

人によっては1,500円の定額料は高いと感じるかもしれませんね。

980円ぐらいだとちょうど良いと思います。

まとめ

まだまだ魅力を伝えきれていませんがAudibleはとてもおすすめなサービスです。

皆さんもぜひ活用してみてください。

1ヶ月は無料でお試しできます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク