マンガ版ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術を読んでみた

言い返す技術人間関係

みなさん、こんばんは!

明日から仕事だという人が多いと思います。

年末年始はゆっくり休めましたでしょうか?

私は今回はけっこうゆっくり過ごす事ができました。

暇な時間を利用して読書をしてました。

インプット大全』と『アウトプット大全』の他に、余裕があったのでもう1冊、、、

マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術 という本を買って読んでいます↓

マンガ版「言い返す」技術 の読みどころ

「右の頬を叩かれたら、左の頬を差し出しなさい」という言葉をご存知でしょうか。

 

相手に攻撃されても決して怒らず許し、相手の気のすむままにしなさいという意味です。

また「ならぬ堪忍するが堪忍」ということわざもあります。

普通なら堪忍できないところで、あえて堪忍する。

それこそが本当の堪忍だという意味だそうです。

これらが実践できる人はどれぐらいいるでしょうか。

少なくとも、僕にはできません。

例えば、心を傷つける悪口や皮肉、そして叱責。

こういう言葉を投げかけ羅れたら、大抵の人は、怒りたくなったり、泣きたくなったりするはずです。

でも、社会人として、そういう事はなかなかできません。

ほとんどの場合、僕たちにできることといったら、ただ「ガマンする」だけです。

そして後から思い出して、「なぜあのとき、何も言い返せなかったんだろう….」と思い、自分を責めてしまうものです。僕自身、激しくそんな経験があります。

 

では、このようにガマンし、さらにもう片方の頬を差し出すのが、人間として正しい姿なのでしょうか。

 

それが、実は違うのです。こんな心理実験があります。
実験者は、多くのプレイヤーに、ある対戦ゲームを行わせました。
その際、プレイヤーを3つに分けて、それぞれにこんな戦略をとらせました。

A「他のプレイヤーをひたすら攻撃する」
B「決して誰のことも攻撃せず、ただ耐える」
C「相手が攻撃してきたら、一度だけ反撃する。それ以外は自分から攻撃しない」

このとき、もっともゲームで成績が良く、さらに一番評価が高かったのは、Cだったのです。

「ただ耐えるだけ」より、こちらのほうがずっとイイのです。

この姿勢でいることできれば、あなたの大嫌いな、ひたすら皮肉や悪口を言う上司(ここではAになります)より、ずっと高い評価にだってなりえます。

すなわち大切なのは『ちょっとだけ反撃』をすること。

本の冒頭から抜粋しました。

 

この本は『どのようにして、ちょっとの反撃をするか』について教えてくれます。

言い返す技術

 

心理学理論から著者の実体験まで絡めているので、限りなくわかりやすく読む事ができます。

言い返す技術

もしあなたが、

口喧嘩で何も言えず、つらい気持ちを抱えていたり、、、

誰かの言葉で、悔しくて眠れない夜を過ごす事があるのなら、

どうかこの本を手に取って続きを読んでみてください。

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
タイトルとURLをコピーしました