《Mac》不可視のファイルやフォルダを表示する設定方法

WordPressなどでサイトを作っていると「.htaccess 」ファイルを編集しなければならない場面にしばしば出くわします。

 

その際に厄介なことがあります。

 

FTPソフトでPCへコピーしてと…

あれ?コピーしたはずのファイルが無い!

そういう経験ありませんか?

 

実はこれOSによって一部のファイル・フォルダを保護する設定がされているんです。

いわゆる隠しファイルというやつです。

重要なファイルやフォルダを間違って消したり書き換えたりしないように見えなくしてありますので、どうしても編集しなければいけない場合は設定でこれを解除する必要があります。

 

今回はその方法を紹介します。

Windowsのほうは普通に設定項目がありますので問題ありませんが、Macの場合はやり方がすごくわかりにくいですね。

 

どうやるかというとターミナルを使いコマンドラインで操作します。

こんなやつです↓

Macintosh HDアプリケーションユーティリティーフォルダ内にありますが、

画面右上、虫眼鏡マークをクリックして

Spotlight検索で「ターミナル」と検索したほうが早いです。

 

で、ターミナルを開いたら以下のように入力して「enter」キーを押します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

次にFinderを再起動するためのコードを入力。

killall Finder

これでOK!

このように隠しファイルと隠しフォルダが表示されるようになります↓

 

 

「.htaccess」のような隠しファイルを編集する事はそんなに多くはありませんので、編集が終わったら設定を元に戻しておいたほうがいいです。

 

その場合は次のように入力し設定を削除します↓

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

先ほどと同じようにFinderを再起動するコードを入力↓

killall Finder

これで設定が元に戻り隠しファイル等が非表示になります。

 

なおこの方法は裏技ですので自己責任で行ってください。

隠しファイルの編集は1歩間違うと大変なことになります。

念のためバックアップを取り慎重に行うようにお願いします。

特に文字コードは重要ですので間違ってもメモ帳的なアプリで編集してはいけません。

必ずテキストエディタで行う必要があります。

 

Macサイト構築
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつシゲをフォローする
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
こちらの記事もおすすめです
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント