頭が悪くなる朝の行動【ほとんどの人がやってしまっている】

アイデア健康 / 能力

朝一番に行うと能力が約30%低下し頭が悪くなってしまう行動があります。

おそらくこれはほとんどの人がやっていると思います。

それはストレスを予測してしまうという行為です。

例えば、

「あぁ、、今日の仕事は嫌だなぁ。。」

「今日も課長に怒鳴られるのかなぁ」

とかほとんどが人間関係に起因しますがそういう事です。

 

多くの人は習慣になってしまってこの事に気づかないかもしれません。

朝のスタートから頭の中を嫌な事でいっぱいにするので、どうしても考え方も後ろ向きになりますね。

そうなると脳も本来の力を発揮しづらくなるんです。

その日全体が調子悪くなります。

これはある意味、引き寄せの法則とも言えます。

 

これを防ぐためには朝の時点で自分の思考をチェックします。

ストレスを感じるような思考に気付いたらすぐにポジティブ変換します。

人によって最適なやり方は違ってきますが、要は良い気分転換ができればいいのです。

ちなみに僕の場合だとそういう場合には斎藤一人という人の本を読む事が多いです。

こういった本は物事の捉え方を変えるのに一役買ってくれます。

 

そもそもブラック企業みたいなところに勤めているのが強烈なストレスになっているのなら、今すぐ辞めたほうがいいですね。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

このブログでは生活に役立つ価値ある情報を発信しています。

この記事が誰かの役に立てれば嬉しいです。

気に入ったらぜひシェアをよろしくお願いします!

健康 / 能力 思考・戦略 脳科学
スポンサーリンク
関連記事
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
タイトルとURLをコピーしました