山田養蜂場のローヤルハネムーンって意外と凄いかもと思った理由

ローヤルハネムーンを使ってみた健康 / 能力

ここ最近、体調が悪かったです。

風邪のひき始めだったんだと思います。

軽い頭痛と鼻詰まり。

鼻詰まりは点鼻薬を使っても副鼻腔に違和感が残るんですね。

そこが厄介なところです。

 

とりあえずドラッグストアへ行ってパブロンを購入。

でも風邪薬って飲んだその時しか効果がないんですね。

だいたい半日もしないうちに効果が切れて、風邪の症状が戻ってくるんです。

一時しのぎにしかなりません。

 

なんか他にいい方法はないかな?

と思いを巡らせていたら、

ふと2年前に母がくれた山田養蜂場のローヤルハネムーンの事を思い出しました。

ずっと使わずに放置してたんです。

ちなみにローヤルハネムーンとは生ローヤルゼリーを瓶詰めした製品です。

とりあえずこれを使ってみました。

ローヤルハネムーンを使ってみた結果

見た目はこんな感じで生のローヤルゼリーです↓

ローヤルハネムーン

スプーンでちょっとだけ取ってそれを朝晩1回だけ食べます。

少ないように見えるかもしれないけど、僕の場合はこれだけで充分な効果がありました。

ヨーグルトなどに入れてもいいと思います。

ローヤルハネムーンをヨーグルトで食べる

ローヤルゼリーについてはそんなに効果があるものだとは思っていませんでした。

でも実際に使ってみると、けっこうしぶとかった風邪の症状がいつの間にか収まっていました。

2日ぐらいで鼻の副鼻腔もすっきりした感じになりました。

正直これには驚きました。

ローヤルゼリーってすごいんですね。

今後は風邪の時はこれを使うことにします。

値段は3千円ぐらいとそんなに高くないです。

何よりも風邪以外の用途にも使えるという点が便利です。

 

いつもだとこのまま風邪が酷くなっていき、耳鼻科へ駆け込むというパターンです。

今回はそうなりませんでした。

ローヤルゼリーがうまく効いたのもそうですが、早めに対処できた事が良かったのだと思います。

ローヤルゼリーの効果について調べてみた

論文などによると感染症を予防する効果があるようです。

山田養蜂場 みつばち研究助成基金 | 研究成果のご紹介
(株)山田養蜂場みつばち研究助成基金は、幅広い分野の先進的かつ意義深い研究および研究者を支援し、ミツバチ研究ならびに予防医学的研究をさらに発展させることで、人々の健康づくりに貢献することを目的としています。

昔からローヤルゼリーを飲むと風邪をひきにくくなるというのは、つまりそういう事です。

なのでコロナ対策にも良いと思います。

 

さて、そもそも人間の免疫力はどこにあると思いますか?

私たちの腸には100兆個もの細菌が住み着いているそうです。
良い働きをする細菌もいれば、病気を引き起こすタイプの細菌やウィルスも数多く存在します。

ですが、そう滅多な事で私たちは病気にかかったりしません。それはなぜかというと、私たちの腸には病原体を排除する仕組み『腸管免疫』というものがあるからです。

近年、M細胞という細胞が腸管免疫において大きな働きをしている事が明らかになったようです。

そのM細胞はローヤルゼリーを摂取すると増加が促されるようです。

結果、免疫力が高まり風邪や感染症などに影響されにくくなるという事になります。

原理を知ると腸というものがいかに重要であるかがわかりますね。

山田養蜂場の他の商品はどんなのがあるか調べてみた

生のローヤルゼリーだけなく、酵素分解されて吸収効率を良くした『ローヤルゼリーキング 』という商品があるそうです。

価格はローヤルハネムーンよりも高めですが、亜鉛やビタミンなども含まれているのでそれらも一緒に摂取できます。普段そういったサプリを複数飲んでいる人はこれでひとまとめにできますね。場合によってはそうしたほうが費用が安くで済むかもしれません。

 

ちなみに僕はこのローヤルゼリーキング を実際に使った事がありません。

なので体感できる効果がどれぐらいなのかはわかりません。

個人的にはローヤルハネムーンで充分な効果を実感できているので、これで充分かと思っています。

ただAmazonのレビューを見ると効果がなかったという書き込みもあるので、こういうのは個人差があるのかなと思います。

最後まで読んでくれてありがとう!

このブログでは生活に役立つ価値ある情報を発信しています。

この記事が誰かの役に立てれば嬉しいです。

気に入ったらぜひシェアをよろしくお願いします!

健康 / 能力日々の雑記
スポンサーリンク
関連記事
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
タイトルとURLをコピーしました