電気温水器が故障するのを防ぐ方法

電気温水器のトラブル予防電気温水器

家の電気温水器がよく故障するという人は読んでください。

これには予防する方法があってこれを知っていれば無駄な出費を抑える事ができます。

壊れやすいパーツは3箇所

業者の人に直接聞いてわかったのですが、以下の部分が故障しやすいです。

  • ヒーター
  • 混合弁
  • 風呂混合弁

その中でもヒーターは電気温水器の主役とも言える部分であり、最も負荷がかかる場所でもあります。

そして今回紹介する方法ではこの部分に対して対策を行います。

故障を防ぐための対策

 

この対策は冬などの寒い時期に行います。

方法は簡単です。

お風呂から上がった時にお湯を捨てずに残しておく。

それだけです。

なぜこの方法で効果があるかというとこうする事でヒーターに過剰な負荷がかかるのを防ぐ事ができるからです。

実はお風呂を使ってない時でも循環する仕組みが働いています。

凍結によるトラブルを防止するためです。

残り湯を使って配管などが冷えるのを防いでくれてるんです。

説明書にも書いてある

電気温水器の凍結防止

そのへんはどこかについている温度センサーによって制御されているようです。

ところが寒い時期に残り湯を残さずに捨ててしまうと配管などが冷えてしまいそれをセンサーが感知してしまいますね。

その結果、ヒーターが過剰に頑張ることになり大きな負荷がかかります。

結果的にヒーターの寿命を大幅に縮めてしまっているんです。

なので冬の寒い時期はなるべくお湯を捨てずに残しておいたほうが良いです。

そしてまたお風呂に入るちょっと前ぐらいにお湯を捨てる→お風呂掃除→お湯をはる。

面倒ですが故障のリスクを避けるためにはこのようにする事をオススメします。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

このブログでは生活に役立つ価値ある情報を発信しています。

この記事が誰かの役に立てれば嬉しいです。

気に入ったらぜひシェアをよろしくお願いします!

電気温水器
スポンサーリンク
関連記事
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
タイトルとURLをコピーしました