スマホ選びに迷ったらHUAWEIがおすすめです【P10 lite】をレビュー

皆さんはスマホどんな機種をお使いでしょうか?

ガラケーの時代からそうですが、端末の種類が多すぎてどれにするかとても迷います。

そんな時ってメーカーや販売店の説明よりも誰かのレビューの方が役にたちます。

 

ちょうど僕も最近「P10 lite」という名前の端末を入手したのでレビューします。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI(ファーウェイ)の製品です。

GW中に届きそれから使っています。

使用感や便利な点など気づいたことを書いていきます。

よかったら参考にしてください。

 

1、外観、大きさなど

今まで使っていたスマホと大きさを比較。

P10 lite 大きさ比較

左がNexus5、右が今回入手した「P10 lite」。

若干縦に長く、幅も少しだけ大きい。

その分画面は見やすくなっています。

厚みは今までと同じでやや薄い感じです。

付属のプラスチックカバーを装着すると手に取った時にちょうど持ちやすい厚みになります。

P10 lite プラスチックカバー

 

背面には指紋センサーがある

「P10 lite」には指紋でロックを解除できる機能があります。

P10 lite 背面 指紋センサー

左手で持った場合こんな感じになる。

人差し指がちょうどいい位置にきます。

 

この指紋認識の機能はかなり便利です。

一度設定しておけば後はロック画面で人差し指を触れるだけでロックを解除できます。

顔認証よりも便利です。

顔認識の場合は認識に時間がかかる場合があるからです。

この端末の指紋認証は精度が高く一瞬でロックを解除できます。

1秒もかからないのでラクです。

 

 

2、高スペックなのに低価格!このお手頃感がいい

この端末のスペックは以下の通り↓

キャリアSIMフリー
販売時期2017年夏モデル
CPUKirin658
RAM3.0 GB
端末ストレージ32 GB
解像度1080 x 1920
背面カメラ画素数1200万画素
全面カメラ画素数800万画素
画面サイズ5.2インチ
バッテリー容量3000 mAh

普通に最新機種としてのスペックを備えています。

 

でも価格は2万円代という安さを実現しているんですね。

とてもお手頃な値段だと思います。

 

格安SIMとセットで売られている事が多いです。

 

 

3、ブラウザやアプリを使ってみた使用感

ほとんどの人はネットで調べ物をしたり、YouTubeやAmazonPrimeビデオを見たり、LINEを使ったりとそんな使い方をするでしょう。僕もそんな使い方です。

 

どんな使い方をした場合でも非常にサクサクと使えました。

今まで使っていたNexu5の時は多少もたつく事がありましたが、P10 liteはそういった事がなく快適に使えています。新しい機種だから当然かもしれませんが。

 

 

4、余裕で1日中使えるタフなバッテリー

一番感動したのはバッテリーが長持ちだという点です。

スペックにもある通り3000mAhのバッテリーを搭載しています。

実際に使って検証してみたところ、充電なしで約2日間使用する事ができました。

P10 lite バッテリー持続時間

これなら今までのようにバッテリーの残量を気にする事なく安心して使えます。

 

あつシゲ
今まで使っていたNexus5のバッテリーは1日も持続しなかったので予備のバッテリーが不可欠でしたが、今後はそういったものが必要なくなります。

 

5、心配していたような不具合も無く快適に使用できている

HUAWEIは海外のメーカーです。

入手前に心配だったのは不具合が起きないかどうかでした。

でもその必要が無かった事が使ってみてわかりました。

何の問題も無く快適に使えています。

とても良い品質だと思います。

他の人からの評価も高いです。

 

6、格安SIMの「LIBMO」との組み合わせがおすすめです

この端末はSIMフリーなので格安SIMと組み合わせて使う事ができます。

僕は「LIBMO」という格安SIMと一緒にセットで取得しました。

ここで購入する事ができます。

(APNの設定は完了済みで送ってくれるのでラクです。)

はじめてでも安心の格安SIMのLIBMO
お申込みはWebから

ちなみにLIBMOは今のところ一番安い格安SIMです。

(今まではDMMが最安でしたね。)

TOKAIコミュニケーションズという会社が運営する格安SIMです。

安いだけでなく回線が高速なのが魅力です。

とてもお得な格安SIMです。

 

例えば他のMVNOだと、

音声付きの3ギガのプランを使った場合、月だいたい2,000円ぐらいしますね。

それがLIBMOを使用すると半分の1,200円ちょいぐらいで済みます。

 

→ TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

 参考 

格安SIM【LIBMO】を使ってみた!この安さは魅力だ
前から気になっていたLIBMOという格安SIMを使ってみました。 MVNOの中では新しいほう。 去年(2017年)サービスが開始されました。 → TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】 ...

 

 

ではまた次の記事でお会いしましょう!



コメント