知らず知らずのうちに人間関係を悪化させてしまう意外な習慣

みなさん、こんにちは!

人間関係の話をします。

人間関係はとても大事ですね。

勤め先の対人関係もそうだし、恋愛でもそうですね。

人は人間関係を良くするために様々な努力をします。

世の中には様々な人間を改善する本が売られていますね。

もしかしたらあなたもそれを読んでいる最中かもしれませんね。

で、その本を読んでうまくいきましたか?

おそらくうまくいってないのではないでしょうか?

僕に言わせたらそういう本って難しい事が書いてあるだけという印象です。

多くの人は努力するべきベクトル(方向)が間違っています。それでも効果は多少あると思いますが、正しい方向に努力をすれば格段に大きな効果が得られるはずです。

今日はみなさんにとっておきの人間関係を改善する秘策します。

この方法を行えば勤め先の対人関係の改善だけでなく、意中の異性と仲良くなったり、自分のビジネスを成功させたりといった事も今までよりも容易になってくるはずです。

いろんな事をやるよりも大事なこと

みなさん、人間関係を悪化させてしまう原因ってなんだと思いますか?

いろいろ思い浮かぶと思いますが、本当の原因は睡眠不足です。

意外でしょ?

人によっては眠たい感覚すら麻痺してしまっているから分かりにくいかもしれませんが、睡眠不足は知らず知らずのうちにあなたを蝕んでいきます。

「俺はショートスリーパー」だなんてカッコつけてる場合ではありません。

日本人は特に睡眠時間が短いと言われていますが、その悪影響は計り知れません。

今、日本人に一番足りないもの。

それは睡眠です。

人はより良い人生を手に入れるためにいろんな事をやります。

あれもこれもやります。

睡眠時間は軽視されがちです。

睡眠を削ることは一見たくさんの事ができるように見えますが、実際は脳力が落ちているのでかえって効率が悪くなっているんです。もしあなたが慢性的に少ない睡眠しかとっていないのであればちゃんと寝るようにする事をおすすめします。

睡眠不足が人間関係に悪影響を及ぼす原理

睡眠不足になると他人が自分に敵意を持っているように感じられる傾向があります。

アメリカの研究機関によって300人ぐらいを対象に実験が行われたそうです。

相手が敵意を持っていないのに敵意を持っているように感じられる。

当然、人間関係はどんどん悪くなっていきますね。

恐ろしいです。

たかが睡眠不足と思うなかれ。

侮ってはいけません。

スムーズに熟睡するコツ

睡眠が大事だとわかっていても、なかなか寝付けないという人もいますよね。

僕の経験上効果のあった速攻で眠れる方法を紹介します。

方法1 瞑想を活用する

瞑想を本来の用途とは違った形で活用します。

みなさん瞑想はやった事ありますか?

やった事のある人ならわかると思いますが、5分も経たないうちに眠くなることってないでしょうか?

その場合は脳が疲れているという証です。

そのまますぐに寝ましょう。

なぜ瞑想すると眠くなるかというと副交感神経が優位になるからです。

副交感神経が優位になっているのでぐっすり眠れ起きた時にはスッキリとした感覚を味わうことができるでしょう。

瞑想のやり方は以下のようにするといいです。

瞑想の方法
  1. 目を閉じます。
  2. 鼻から息が出たり入ったりするのを意識で見つめます。
  3. 意識は下腹部におき、呼吸はゆっくり。
  4. 吐く息とともに体の各部分から力が抜けるように意識しながら行う。

方法2 自己催眠を活用する

以下の動画を使います。

この通りにやると速攻で寝れます(^ ^)

 

まとめ

たかが睡眠、されど睡眠です。

睡眠不足は人間関係にも悪影響を及ぼすという話でした。

今日からしっかり寝るようにしましょう!

最後まで読んでくれてありがとう!

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

このブログでは生活に役立つ価値ある情報を発信しています。

この記事が誰かの役に立てれば嬉しいです。

気に入ったらぜひシェアをよろしくお願いします!

人間関係 健康 / 能力
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
更新情報を受け取る
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
こちらの記事もおすすめです
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

タイトルとURLをコピーしました