意外と範囲が広い!知らずに損してるかもしれない医療費控除できるもの(サラリーマン必見です)

確定申告書とボールペン

確定申告の時期が近づいてきました。

会社員の人は「自分には関係のないこと」と思うかもしれませんが意外とそうでもない場合が多くあります。例えば病気をして医療費がたくさんかかった場合は確定申告をして「医療費控除」を適用できます。結果、払った税金のうちのいくらかは取り戻す事ができます。

 

さて、この医療費控除は一定以上(だいたい年10万円以上)の医療費を使った場合に適用される控除です。厳密に言うと年10万または所得の5%。(サラリーマンの場合は年収200万を超える場合が大半ですので控除を受ける為の基準額は年10万以上)

 

医療費10万円以上という数字だけ見ると、「ウチはこんなに病院にお金は使わない」と思うかもしれません。僕も以下のまぐまぐニュースの記事を読むまでそう思っていました。

会社は教えてくれない、サラリーマンが確定申告で得する裏技 - まぐまぐニュース!
会社勤めの方でも申請すれば医療費控除が受けられるのは広く知られていますが、通院・入院分は別として、市販薬やマッサージなどといったものがどこまで医療費として認められるか把握しきっていない方も多いのではないでしょうか。今回の…

病院で使ったお金だけが医療費控除の対象だと思っていました。

 

でも事実は違っていました。

衝撃の事実です。

 

実は病院だけでなく市販の薬やマッサージ、鍼や整体、風邪の時に使用した栄養ドリンク、視力回復のために受けたレーシックの費用などかなり幅広く医療費控除が認められるんです。

これだけ広い範囲であれば年10万円を超えている可能性が高いですね。

 

 

会社ではこの大事な事実を教えてくれません。

担当者もまた会社員です。

知らない場合もあるでしょう。

でも知らないと場合によっては大損です。

 

思い当たる出費がある人は上記のサイトを参考にして調べてみてください。

特にレーシックの手術とか受けた場合は確実に控除を受ける為の基準額10万円をクリアしているはずです。(僕が受けた時は18万円ぐらいでした。)

レーシック手術を受けた時のことを回想して書いてみた1
みなさん、こんにちは! だいぶ前に目薬で視力を回復できる場合があることについて記事を書きましたが、 今でもこの記事は多くのアクセスが集まってきており、 たくさんの人が読んでくれています。 ここに来てく...

 

あと上記のまぐまぐニュースの記事を書いた木村大次郎という人は本も出版されています。

とても役にたつ内容なのでいくつか紹介しておきます。

 

 

PS.

現在インフルエンザのB型が流行しているようです。

小学校とかで学級閉鎖になっているところもあるみたいです。

お気をつけください。

 

コメント

  1. tonton より:

    おはようございます。
    ブログランキングから訪問しています。
    知っている、知らないで大きく違ってくる事沢山ありますよね。
    税金面も同じです。
    情報をありがとうございます。

    • あつシゲ より:

      こちらこそ、コメントありがとうございます。
      今後も”役に立つ事”をこのブログを通じてシェアしていきます。
      日々の気づきが皆さんのお役に立てば幸いです。
      今後ともよろしくお願いします。