PC不要でゲームの録画ができるキャプチャーボードを買ってみた


キャプチャーボードという機器を買ってみました。

ゲームのプレイ画面を録画するためです。スマホの場合はアプリだけでいいんですが、SwitchやPS4、WiiUなどの据え置き型のゲーム機の録画には特別な準備が必要です。

僕が買ったのはこのキャプチャーボード、パソコンを使わずに録画できるタイプ。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

このキャプチャーボードを買った理由

キャプチャーボードの事には全然詳しくなかったので最初はいろんなサイトの情報を参考にしながら検討しました。

まずSwitchやPS4など据え置き型ゲーム機から録画する方法は2つある事を知る。

  1. ゲーム機画面をPCに映し出して録画する方式
  2. PCは使わず今まで通りテレビ画面でプレイしながら録画する方式

それぞれにメリットとデメリットがあります。

PCを使う方法はいろいろと面倒

1のPCを使う方法のメリットは比較的費用が安くて済むことです。

この製品がよく使われています。

HDMI端子を使わない昔のゲーム機ならこれでいける。

HDMIを使う場合はこれになる↓

ノートバソコンには使えないっぽい。。。

あとこちらはそんなに安くない。

パソコン側に専用のソフトをインストールして使うようです。

デメリットは多いです。

  • パソコンの能力に左右されるという事です。
  • ソフトをインストールしたり設定したりしなければいけません。
  • OSの状態によっては不具合が出る事もあるかもしれません。
  • パソコンの画面はテレビと比べるとかなり小さい。

これらの理由によりPCを使う方式はいろいろと面倒だと思った。

なので値段が高くてもパソコンに依存しない独立タイプのキャプチャーボートを買うことにしました。ゲームそのものは今まで通り楽しみたいですし。

PCを使わないタイプの製品から選ぶ

ゲーム実況の解説サイトなどではよく紹介されていたのがAVerMedia。

確かに良さそうなのだが値段が高い。

正直そこまではいらない気がしました。

で手頃な価格帯のものが無いかなと探していたところたまたまAmazonアプリのおすすめに出てきたのが冒頭で紹介したIOデータ社のキャプチャーボードなのです。

割引率が良く1万程度とお買い得な価格になっていました。

念のためレビューを確認したところ評価は結構良いことが買いてある。

 参考  Amazonのレビュー

あとYouTubeにこの製品を解説している動画がないか確認したところ、ユーチューバーのカズさんの動画を見つけました。とてもわかりやすく参考になり、この動画が購入の決め手となりました。

届いたキャプチャーボード

Amazonで購入し早速届きました。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

開封。本体はこんな感じ↓

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

出力用のHDMIケーブルも付いていました。

I-O DATA GV-HDREC HDMIケーブル

別でHDMIケーブルを買う必要はありません。間違って買ってしまった↓

Amazon HDMIケーブル

使ってみた

いちおう基本的な使い方の説明書はありますが、Webに詳細な説明書もありますのでこちらを読むと使い方が完全にわかります。

設定など

ゲーム機とテレビの間を中継するように接続する。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC 接続

電源ボタンを長押しすると電源がONになります。

最初は例のごとく日付を設定。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC 日付設定

何とテレビのリモコンで操作する事ができます↓

なのでとても操作性が良いです。

(特に設定しなくても最初からリモコンが使えます。)

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC テレビのリモコンで操作できる

ちなみにパススルーとは表示の遅延を無くす機能です。

ゲームを録画する場合はONにします。

録画する画質はフルHD1080/60Pから480//60PのSD画像まで幅広く選べます。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC 記録モード

記録メディアとして一緒に買ったSDカード。

SDカード

exFATの形式にフォーマットしてから使用します。

exFATはWindowsでもMacでも読み書きできる便利なファイルシステムです。

このキャプチャーボードでもできるし、パソコンでフォーマットしてもいいです。

正面の穴に挿し込む。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC

後で気づいたのですがUSBポートもあって、外付けのHDDなどを繋ぐ事も可能です。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC 接続

なので不要になったSSDを有効活用してます。

Macbook Air ssd 60GB

以前容量の大きいものに交換した時にいらなくなったMacbookAir用のSSDです。

 参考  MacBookAirの残容量が大幅アップ!SSD交換は意外と簡単

これだけでも60GBありしかも SSDなので処理速度が早くとても役に立っています。

こういうのは使わないと損です。

録画してみた

問題なくキャプチャできています。

ゼルダ無双をキャプチャ

(今ゼルダ無双をプレイ中です。)

画質にも音質にも異常なし。遅延もなく普通にプレイしながら録画できています。

ちなみにキャプチャーボードの表示、記録モードや残時間の表示などが気になる場合は本体かリモコンの決定ボタンを押すと消せます。

録画した動画は再生モードにするとこのように一覧表示されます。

I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 Nintendo Switch 動作確認済 フルHD SDカード/HDD保存 GV-HDREC 録画一覧

選んで決定ボタンで再生できます。

動画を好きなところでカットしたりつなぎ合わせたりする機能もある

パソコンに持ち込まなくてもキャプチャーボードにカットやつなぎ合わせの機能が付いているので編集がラクです。

パソコンでやる場合、間違えて画面サイズが変わってしまったりする場合があるからキャプチャーボード側でカットなどを行えるのは便利だと思う。

あとアフレコといってヘッドセットを使って後から自分の声を挿入する機能もあります。

もちろん録画しながら実況する事も可能です。

どちらでも好きなほうでやるといいです。

ゲームだけでなく古いビデオテープを取り込む事も可能

この製品の用途はゲームの録画だけではありません。

ビデオデッキがあればビデオテープに録画した昔のテレビ番組や思い出の映像とかもデジタルデータとして取り込む事ができます。

僕の家には結構たくさんこういったビデオテープがあるのでここでもこの製品が大いに役立っっています。

以前、パソコン用のやつでやろうとしたけどやり方が面倒で断念してたんですね。

でも今回購入したIOデータ社のビデオキャプチャはとても簡単に使えるからラクです。

この話はまた次回にでも詳しく書きます。

品質も良く機能的にも満足。他の高い製品でなくてもこれで十分だと思う。

低価格でありながらとても良い製品です。

いい買い物ができたと実感しています。

アマゾンのレビューにたまに画質や音質が良くないみたいな書き込みを見かけるけど、これは違うと思います。再生してみたところ元の画質や音質との違いがわかりません。

なのでこれは気にする必要はありません。

僕的にはこれで十分だと思っています。

あえて残念な点を言うならば、パソコンでファイル名を編集した場合に「IHO0008」みたいな感じの書き方にしないとキャプチャーボード内で表示できないという点ぐらいです。

この機器を使って再生を多く行う場合はこの点が改善されるともっと使いやすくなります。

IOデータ社の方で時々ファームウェアのアップデートが行われているようなので、今後改善される可能性もありますね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

参考になればと思って書きました。

僕はこのビデオチャプチャをとても気に入っています。

今あなたがキャプチャーボード選びで迷っているのであればおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

\ 役に立ったらシェアをお願いします /

\ フォローすると最新情報が届きます /

おすすめ記事

おすすめ記事



ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク