悪い習慣が無くなり良い習慣が身につきやすくなるコツ

ノートと筆記用具思考・戦略

良い習慣を身につければ確実に人生は良くなります。

逆に悪い習慣がやめられないという人はその分人生が悪くなります。

これが事実です。

良い習慣を身につけたいですか?

難しいと思うかもしれないですが、ちょっとした工夫でそれは容易になります。

今回は悪い習慣をやめるコツと良い習慣を定着させるコツをまとめてみました。

参考にしてください。

20秒ルール

20秒手間を多くするか少なくするか。

良い習慣を身につけたい場合は、その行動にかかる手間が20秒分少なくなるようにしましょう。

人間たったの20秒だけでも余計な手間がかかると「面倒くさい」と感じやすいです。

それが新しい事の習慣化を妨げたりします。

なのでその手間を20秒だけ少なくすればいいんです。

例えばブログを毎日書くという事を習慣化したい場合なら、細かい装飾など無駄に頭を悩ませる要素を無くす事などがそれに相当します。

それだけでも感覚的にだいぶ違ってきますよ。

「やるのが楽しい」という意識も生まれやすくなります。

ポイント!
余計な手間を減らすと習慣化しやすい。
20秒だけでも減らすと感覚的に大きく違ってくる。

逆に悪い習慣をやめたい場合は、その行為をやるために20秒余分に手間がかかるようにします。

例えばTVゲームを長時間やりすぎてしまうといった場合は、ゲームが終わったらコンセントを抜いてちゃんと片付ける、箱に入れる。またゲームをする時は箱から出してコンセントを入れる。

といった感じです。

少しでも面倒臭いと思えたらしめたもの!

その悪習慣を断ち切るチャンスです。

ポイント!
悪習慣は手間を増やす事で遠ざけよう。

なかなかやめられない欲求は無理に抑え込まずに対処

簡単にスパッとやめれる人はほとんどいないでしょう。

またゲームを例にしますが、こういうのは無理に止めようと思わず「後回し」にするという発想で対処するといいと思います。

僕自身の話ですが、最近までゼノブレイドクロスというゲームにハマっていました。

ついつい長時間プレイしてしまい他の事が疎かになっていました。

これはマズいと思い考え出したのがこの方法なんです。

1日のやるべき事を全部やってから最後にゲームをやるようにする。

そうすると残り時間も少なくなっているのでゲームに奪われる時間も最小限で済みますね。

後回しにして最後にする事でゲームをやりたい欲も減衰させる事もできますしね。

「もう今日はゲームやらなくてもいいや」って日も多くなってきました。

これは脳の報酬系という回路やドーパミンと関係があるようです。

後回しにする事で置き換えがうまく働くみたいです。

僕はこの方法でゲームやりたい欲をだいぶコントロールできるようになっています。

 

1日の大半をゲーム(あるいは他の悪習慣)の事ばかり考えているのは勿体ない事です。

逆にもしそれを別の事に置き換えたらどうなるか?

例えば、起業やビジネスのアイデアとか、

勉強の事とか、

いろいろ有益な事がありますね。

その延長線上に成功がつながっている事は言うまでもありません。

良い習慣は1日も休まずやるつもりで行うと結果的にはうまくいく

1日も休まないというと大変そうに思えるかもしれないけど、こうしたほうが結果的にはラクだと思います。

人間というのは弱いものです。

1日でも休むと「休む理由」を考えてしまうんですね。

なので1日も休まないつもりで行う。

そうすると結果的にうまくいきます。

頑張りましょう!

まずは3週間頑張ろう

3週間という数字には科学的根拠があります。

脳の話ですが、新しい良い習慣を始めるとちょっとづつシナプスという回路が構築されるんですね。それが一通り完成するのが21日(3週間)と最近の脳科学では言われているんです。

さらにその回路が強靭な状態になるのが3ヶ月です。

なので3週間できたら今度は3ヶ月頑張りましょう!

それができたらもう完璧に習慣化できてるはずです。

それではまた!

最後まで読んでくれてありがとう!

このブログでは生活に役立つ価値ある情報を発信しています。

この記事が誰かの役に立てれば嬉しいです。

気に入ったらぜひシェアをよろしくお願いします!

思考・戦略
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアする
更新情報を受け取る
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
こちらの記事もおすすめです
人生を100倍豊かに生きる秘訣

コメント

タイトルとURLをコピーしました