【WordPress】アンダーラインをアニメーション表示する方法

動くアンダーラインを実装 HTML・CSSの知識

今日はWebデザインの話。

記事を見やすくするためにはメリハリをつける事が大事です。

このようなアンダーラインを引くのは効果的な方法ですが、そのアンダーラインをアニメーションさせればさらに強く読む人の注意を引きつける事ができます。

こんな感じで動くアニメーションのアンダーライン

いちばん強調したい部分に使いたいですね(^ ^)

カラーコードを指定すれば色は自由に変えれます。アニメーション速度を速くしたり遅くしたりといった事も簡単にできます。

この機能を実装しておくとアフィリエイト記事の作成などに便利ですよ。

実装する方法

WordPressでCocoonテーマを使っている事を前提に説明します。

(僕はいろんなテーマを使ってみて最終的にCocoonがいちばん使いやすいのでこのテーマを使っています。たぶん他のテーマでも基本は同じなので実装できると思いますが確認はしていませんので、他テーマをお使いの方は自己責任でお願いします。)

 

手順は3ステップです。

  1. function.php にコードをコピペ
  2. javascript.js にコードをコピペ
  3. ショートコードを登録

PHPやJavaScriptの難しいコードが出てくる部分もありますが、コピペするだけですので今は内容が理解できなくても大丈夫です。ご安心ください。

ステップ1: function.php にコードをコピペ

外観 > テーマエディター をクリック。

WordPress テーマエディター

以下のコードをコピーして子テーマのfunctions.phpに貼り付けます。

function ani_under($atts,$content = null){
		extract(shortcode_atts(array(
        'color' => (string)'#ffdc00',
        'sec'   => '2'
    	), $atts));
		$sc = 'color: #333;text-decoration: none;background: -webkit-linear-gradient(transparent 60%,'.(string)$color.' 40%);background: -o-linear-gradient(transparent 60%,'.(string)$color.' 40%);background: linear-gradient(transparent 60%,'.(string)$color.' 40%);background-repeat: no-repeat;background-size: 0% 100%;transition: background-size '.$sec.'s;';
	return ''. $content .'';
	}
	add_shortcode('ani', 'ani_under');

以下の画像のように右側のfunction.php項目をクリックして編集可能状態にしてから「//以下に子テーマ用の関数を書く」と書かれている部分よりも下に先ほどのコードを貼り付けます。

WordPress cocoon functions.phpにコピペ

コードを貼り付けたら ファイルを更新をクリックして保存します。

 

ステップ2: javascript.js にコードをコピペ

    1. function.php にコードをコピペ
    2. javascript.js にコードをコピペ
    3. ショートコードを登録

 

以下のコードをコピーしてjavascript.jsに貼り付けます。

jQuery(function(){
	jQuery(window).scroll(function(){
		var windowHeight =jQuery(window).height();
		var windowTop =jQuery(window).scrollTop();
		jQuery('.underz').each(function(){
			var objectImage =jQuery(this).offset().top;
			if(windowTop > objectImage - windowHeight*3/5){jQuery(this).css('background-size','100% 100%')};
		});
	});
});

先ほどと同様、子テーマにある javascript.js に上記のコードを貼り付けます。

javascript.jsにコードをコピペ

終わったら ファイルを更新 をクリックして作業を保存します。

 

ステップ3: ショートコードを登録

    1. function.php にコードをコピペ
    2. javascript.js にコードをコピペ
    3. ショートコードを登録

機能の実装はステップ2で完了していますが、このままでは呼び出すのが手間です。なのでワンクリックで簡単に使えるようにショートコードを登録します。

プラグインのAddQuickTagが必要になりますので入れてない人はインストールしましょう。

AddQuickTagはWordPressの必須アイテムです。

 

プラグイン > 新規追加 をクリック。

プラグイン 新規追加

キーワードのところに『AddQuickTag』と入力すると出てくるのでそれをインストール。

AddQuickTag WordPress プラグイン


プラグイン 有効化 WordPress

あつシゲ
インストールしたら『有効化』ボタンをクリックしよう

サイドメニューの設定の上をマウスオーバーするとサブメニューに『AddQuickTag』が出てくるはずです。

設定 AddQuickTag WordPress

以下のように設定します。

AddQuickTag 設定 WordPress

①の名前はなんでもいいですが、わかりやすい名前にする事をおすすめします。

ここでは「アニメーション下線」という名前にしました。

②のショートコード↓

ani color=#ffdc00 sec=2.5

 

あつシゲ
ショートコードは角括弧 [ ] で囲って使用してください。

colorの部分が色、secがアニメーションする速度。

それぞれデフォルトの値が入っています。

使う時に何も指定しなかった場合はこのデフォルトの設定が適用されますので好みで変更してもらって大丈夫です。

③の閉じタグ↓

/ani

入力が終わったら「変更を保存」をクリックして保存します。

変更を保存 WordPress

お疲れ様でした!

これでアニメーションするアンダーラインがいつでも使える状態になりました。

次は使い方を説明します。

使いかた

1、使いたい部分を範囲指定。

WordPress 範囲指定

2、Quicktagsのプルダウンメニューから先ほどAddQuickTagに登録した名前をクリック。

AddQuickTagを編集画面から使う WordPress

アニメーションするアンダーラインを編集画面から使う WordPress

範囲指定した部分全体に適用されます。

アニメーション下線 ショートコード WordPress

プレビューで確認してみましょう。

プレビュー WordPress

このようにアニメーションしているはずです。

色を変えたい場合はcolor=#〜 の部分を別のカラーコードに変更します。

以下のようなサイトでカラーコードを調べるといいでしょう。

WEB色見本 原色大辞典 - HTMLカラーコード
色の名前とカラーコードが一目でわかるWEB色見本
メモ

「red」「blue」など色の名前を入力してもOKです。

デフォルトでは文字列をを2.5秒かけてアニメーションする仕様になっています。

スピードを変えたい場合はsec=2.5となっている数字を変更します。

数字が大きいほどゆっくりになりますし小さくすると速くなります。

0.1秒単位で設定可能です。

色々やってみて気に入った速さを見つけてください。

使い方は以上です。

お疲れ様でした!

 

参考にさせていただいたサイト

「稼げ!アフィリエイトパワー」様の情報を参考にさせていただきました。

【無料配布】Cocoonでアニメーションアンダーラインを実装するショートコード
Cocoonユーザーさんに朗報です!どんな奴かと言いますと。。。。こんな奴です。もちろん、しスピードも変更可能です。そんな素敵なアニメーションアンダーラインをご紹介したいと思います。アニメーションアンダーラインで出来る事アニメーションアンダ

 

まとめ

文字の色を変えたいと言うような要望やアンダーラインの幅を変更したい、その他の要望については一定数の希望が集まり次第対応させて頂こうかと考えております。

気軽にコメント欄などに要望を書いてください。

最後までお読み頂きまして有難う御座いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました