頭が良くなるマインドフルネス瞑想のコツ

Meditation健康 / 能力

頭を良くしたいのであれば軽めの運動を毎日行いつつ、瞑想をやるといいです。

瞑想の種類はマインドフルネス瞑想がいいです。

マインドフルネス瞑想をやる時の姿勢

座禅みたいな難しい姿勢をとる必要はありません。

僕は椅子か正座またはあぐらで行っています。

背筋は真っ直ぐにして、肩や首の緊張を緩めるように意識します。

背筋をちゃんとするのは眠くなるのを防ぐためでもあります。

 

呼吸に意識を向ける

やり方はただ自分の呼吸に意識を向けるだけというシンプルなものです。

一日20分ぐらいやれるようになるといいらしいですが、最初はなかなか難しいものです。

なぜなら単調すぎて飽きてしまうからです。

でも大丈夫です。

最初はできる範囲でやればいいです。

1日3分でも効果があります。

 

やってみるとわかりますが、雑念ばっかり出てくるはずです。

でも雑念イコール悪いものと考える必要はありません。

実はその雑念が脳を鍛えるのに役立つからです。

雑念が出ている事に気がついたら、呼吸に意識を戻しましょう。

また雑念が出てきたら、再び呼吸に意識を戻します。

それを繰り返す事で前頭葉が鍛えられます。

 

前頭葉の機能が高まると脳の感情系をコントロールするのが容易になります。

そのうち雑念もコントロールできるようになり20分の瞑想も簡単にできるようになってきます。

結果、集中力や思考力が高まるし、あらゆる処理能力がアップします。

運動と並行しながら継続すれば、仕事のデキる人になれるでしょう。

どうしても眠くなる人は

1分も経たないうちに眠くなる場合は、脳が疲れている証拠です。

毎日、睡眠はしっかり7〜8時間取れていますでしょうか?

規則正しい生活はできていますか?

この場合は瞑想よりもこちらを先に解決した方がいいです。

参考にした本など

僕はこの方法を練習するにあたってメンタリストDaiGoさんの本やYouTubeを参考にしました。

興味があったら読んでみてください。

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
タイトルとURLをコピーしました